目の下のクマは3種類!

目の下にクマがあると疲れて見えたり老けて見えたりと、人に与える印象だけでなく自分が鏡を見たときに受ける印象も最悪なものとなります。

この目の下にできるクマにはさまざまな原因から作られており、見え方も微妙に異なるもの。原因や解決策を探るために、大きく3つに分類されています。

まず、クマの種類は「茶グマ」「青グマ」「黒グマ」の3種類。
茶グマは色素沈着が、青グマは血行不良、黒グマはたるみや皮膚へのへこみなどが原因となっています。

これらのクマの種類が1つで現れることもあれば、混合して表れる事もあり、一概に判断することはできません。

気になる場合は、専門家に相談するのが一番です。
「クマができた…」の一言でがむしゃらに試してみるのではなく、クマのタイプに合った対処法を試してみるようにしましょう。

対処法が違う!2つの茶グマ

茶グマには2種類あり、1つは表皮にできたシミと同じようなもので、もう1つはメラニンが皮膚の奥深くの真皮にまで沈着してしまったものです。

表皮にできた茶グマは、紫外線によるダメージや、目をこすりすぎた事による色素沈着が主な原因。また、アトピー性皮膚炎によるかゆみや、肌に合わない化粧品などによるかぶれ、しっかりと落ちずに残ったマスカラなどからも作られます。

対処法としては、ビタミンC誘導体などが配合された美白効果のあるスキンケアアイテムでケアをすること、肌に合ったものを使う、メイクはしっかりと落とすといった、基本的なものになります。

そして、もう一つの真皮にまで達してしまっている茶グマは、遅発性両側性太田母斑様色素斑と呼ばれるアザです。
対処法としては、レーザー治療が最も有効となっています。

目の疲れた原因!?青グマ

目の周りの皮膚は薄く、そこにある毛細血管がうっすらとみえています。
ですから、血液が滞ったりしてしまうと、青味がかかったように見えてしまい…それが青グマとなります。

冷えや不規則な生活習慣、ホルモンバランスの乱れ、睡眠不足、蓄積された疲労、ストレス、酷使した目の疲れなどが原因。
特にパソコンや携帯、スマートフォンを常にみている人には多いもの。
モニターを凝視することで血流が滞ってしまうのです。

対処法としては、マッサージホットパックなどで血流を良くしてあげる事
目の周りの皮膚はデリケートなので、優しくしないと色素沈着を起こして茶グマになってしまうので注意が必要です。

黒グマはへこみが原因

黒グマも、実は2つのタイプに分けられます。

1つは、生まれつき目の下の脂肪が少ないタイプで、これは加齢により目の周りの脂肪が萎縮してしまった、皮膚がたるんでへこみができてしまった人も含まれます。その部分に影ができやすく、まるでクマのようになってしまうのです。

そしてもう1つが、目の下にある眼窩脂肪を支える筋肉が緩んでしまい突出してしまい、たるみが応じてそこがへこんで影ができるタイプです。

どちらの場合もシミではないので、メイクで隠すことは難しく、前者は皮膚のへこんだ部分にヒアルロン酸を注入してへこみを失くす、後者は眼窩脂肪を取る脱脂術などの手術が対処法となります。